ツイッターパーツ
t

社会福祉法人釜石市社会福祉協議会 生活ご安心センター

〒026-0031 岩手県釜石市鈴子町22-1 「シープラザ遊」隣り  TEL:0193-22-2310  FAX:0193-22-4650

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

2013.7.18活動報告 「岩手県立西和賀高等学校」様

7/18(木)、岩手県立西和賀高等学校様(生徒130名・引率の先生12名)が来訪されました。

この日はボランティア活動(片岸海岸の海岸清掃)をしていただく予定でしたが、朝から大雨ということもあり、残念ながら中止となりました。

そのかわり、午前に「シープラザ遊」をお借りして当センター・矢浦による講演、午後に鵜住居地区の視察が行われました。こちらでは、午前に行われた講演をご紹介します。

講演内容は、東日本大震災での被害状況、震災当初の出来事、防災教育の重要性などでした。

DSCF2831.jpg
↑「釜石の奇跡は”奇跡”ではない。防災教育を積み重ねた結果である。釜石市の小中学生が、群馬大学大学院・片田教授が教え込んだ”避難の3原則”(1.想定にとらわれるな 2.最善を尽くせ 3.率先避難者たれ)の通りに行動したから」と語る矢浦。

DSCF2834.jpg
↑講演を真剣に聞き入る生徒の皆さん。

DSCF2840_20130718175547.jpg
↑震災時、釜石東中学校の生徒がどのような行動を取ったのか、DVDを使い説明しました。

DSCF2843_20130718175548.jpg
↑最後に「被災地の事を忘れないでほしい。そして、忘れていないということを発信してほしい。それが被災者の”心の支援”になる」と話した矢浦に対し、生徒の代表から「釜石東中学校の生徒が、鵜住居小学校の児童の手を取り避難している姿が印象に残った。中学生が日ごろの経験(防災教育・避難訓練)を生かして行動したことを見習いたい。被災地の事を忘れないようにしたい」という言葉を頂きました。

西和賀高校の皆さん、今日1日お疲れ様でした。

| 活動報告 | 14:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://kamaishisgc.blog.fc2.com/tb.php/472-d015d851

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>