ツイッターパーツ
t

社会福祉法人釜石市社会福祉協議会 生活ご安心センター

〒026-0031 岩手県釜石市鈴子町22-1 「シープラザ遊」隣り  TEL:0193-22-2310  FAX:0193-22-4650

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

活動報告 「盛岡市立北陵中学校」様

9月9日、盛岡市立北陵中学校3年生の皆さん(252名・引率の教員11名)が釜石市内でのボランティア活動に参加してくださいました。

「菜の花大地復興プロジェクト」代表の山田さんのお話によると、震災時こちらの畑がある場所まで津波は到達したそうです。ガレキはほとんどないものの、畑の中にはたくさんの石が。その石を手作業で撤去するのがこの日の活動でした。

DSCN0789.jpg

DSCN0792.jpg
(畑の表面にある石は手で、土の中にある石はシャベルを使い土を掘り拾いました。)

DSCN0791.jpg
(たくさんの石が入った重い袋を、所定の場所まで運搬。)

本日はボランティア活動の前に、当センターの矢浦が案内役となり釜石市内(鵜住居)の視察を行いました。
DSCN0764[1] DSCN0762[1]

~参加者の声~
DSCN0807.jpg
①生徒会長 柏倉さん(写真右)
「見た目や会話の中では元気な様子ですが、心や精神面に関してはまだ傷を負っているように感じられたので、これからは心や精神面での援助を行っていきたいと思いました。」
②SKET(スケット)委員会 稲村さん(写真左)
「吹奏楽部同士で交流会とかを行っているので、これからも内陸と沿岸の交流を行っていきたい。(今日は)小さいこと(石拾いや草取り)でも役に立てた。」

 
 またお2人(柏倉さん、稲村さん)は、
「震災から2年半経過している為、ある程度元に戻っているイメージを持っていたが、今回来てみてまだ多くの建物が壊れた状態であったりと、傷跡が残っていたのはびっくりした。」
Q.これから行っていきたいことはありますか?
 今回行ったような活動も含めて、学校のみんなでこれからも活動していきたい。自分たちの学年だけではなく後輩たちにも活動してもらい、次の世代に繋げていきたい。

皆さん、活動お疲れ様でした。またぜひ釜石へいらしてください。

盛岡市立北陵中学校様の活動は9月11日付岩手日報へ掲載されました。
記事はこちらからご覧ください。

| 活動報告 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://kamaishisgc.blog.fc2.com/tb.php/523-21427a73

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>