ツイッターパーツ
t

社会福祉法人釜石市社会福祉協議会 生活ご安心センター

〒026-0031 岩手県釜石市鈴子町22-1 「シープラザ遊」隣り  TEL:0193-22-2310  FAX:0193-22-4650

<< PREV | PAGE-SELECT |

>> EDIT

2013.9.17 「東前町内会 地域話し語りの日」

9月17日(火)、老人福祉センター(甲子町大畑・滝の家)にて、釜石市社会福祉協議会 生活ご安心センター主催
「東前町内会 地域話し語りの日」を開催しました。

参加頂いた住民の方は、合計22名でした。

DSCF5933.jpg
(今回の対象者であった東前町にお住いの方・震災前、東前町内にお住まいだった方々が到着されました。)

まず、午前中は、志村尚一さんによる「元気が出る講演」、漆原栄美子さん、小田代直子さんによる民謡、井上 成美由さんによる三味線演奏が披露されました。

DSCF5944.jpg

DSCF5964.jpg

DSCF5950.jpg

DSCF59761.jpg
(昼食は当センターの生活支援相談員が愛情込めて作った豚汁です。)

DSCF5982.jpg
(午後はボランティアさんによるマッサージや、お茶っこなど思い思いの時間を過ごして頂きました。)

DSCF59691.jpg
(出演者の皆さまと記念撮影を撮りました。)

DSCF5979.jpg
(青森の奈良岡様より頂いた手作りのお地蔵さまをお土産とさせて頂きました。奈良岡様、心温まる贈り物をありがとうございました。)

~参加者の声~
・三味線が良かった。
・久しぶりに会えた人が居て、ただただ嬉しい。
・このような会に参加出来てとても楽しかった。


参加者の皆さん、出演者の皆さん、東前町内会長さん、楽しいひと時をどうもありがとうございました。

| 福祉コミュニティー | 11:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

2013.9.13 「甲子地区 まちづくり交流会」

9月13日、釜石市甲子地区にて、釜石市社会福祉協議会主催、NPO法人さくらネット・釜石市地域づくり推進課共催「まちづくり交流会」を開催致しました。

地域住民の方の参加は44名でした。

震災から2年半近くが経過し、仮設住宅でのご近所付き合いなどの人間関係も構築出来つつあるかと思います。また、復興住宅の完成・自宅再建など仮設住宅を離れていく方も増え、仮設住宅の統廃合も計画されております。今回、住民活動や地域交流に積極的な方々を対象に、地域の見守りや住民交流、イベントを開催する時のコツなど福祉に関する様々な質問や意見を講師の先生を囲んでお話ししていただき、今後の仮設住宅での生活だけでなく、将来的に仮設住宅を出て新たな地域へ移住した場合でも活かせるようなセミナーを開催する運びとなりました。

当日は、当会局長の挨拶で始まり、研修開始(NPO法人さくらネットによるトークコーナー、グループワーク)、参加者の自己紹介、懇親会等のプログラムを実施しました。


以下、当日の様子です。

グループワークには、『見守りネットワーク活動パワーアップシート』を使い、チェック項目を各自記入し、それをグループで出し合い、意見をまとめていきました。
DSCN0878.jpg
(各グループ講師の先生と相談員の進行で活発な意見がでて、大いに盛り上がりました。)

DSCN0923.jpg
(参加者・講師・来賓・社協職員とで近況や現在抱えている不安などを語り合いました。)


この事業は『地域コミュニティ復興支援事業』の一環として昨年度より行っています。今までは講師のお話し+懇親会という構成で懇親会がメインとなっていましたが、今回はセミナー形式の参加型の方法で行いました。参加者にもご好評いただきましたので、今後企画する際に今回の反省を活かして、より良い地域づくりに貢献していきたいと思います。また、この会で聞こえてきた皆さんの不安や困っていることを、ひとつでも関係部署につなげていければと思います。

| 福祉コミュニティー | 17:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

2013.7.28 「上中島復興公営住宅 まちづくり交流会」

7月28日、上中島復興公営住宅横空地にて、釜石市社会福祉協議会主催、NPO法人さくらネット・NPO法人hands共催「まちづくり交流会」を開催致しました。

地域住民の方の参加は37名でした。

この交流会は、復興公営住宅に入居され新たに住民となった方々への歓迎の意味と、今後新たなコミュニティを形成していく「きっかけ」のひとつとして開催しました。当日は、当会局長の挨拶で始まり、NPO法人さくらネットによるトークコーナー、参加者の自己紹介等のプログラムを実施しました。

DSCN0036.jpg
(参加者の皆さんでお茶会を楽しむ様子)

今回の交流会によって、当初の目的である参加者の顔見せと交流を深めることができました。今後も、復興公営住宅が建設される地域を中心に交流会を開催し、地域コミュニティ形成のきっかけを与えることができればと思います。

参加者からは「天気が心配だったが、雨も降らず無事参加できて良かったです。こういった機会がないとお話しできない方もいますので、いい機会をありがとうございました。」というお言葉を頂戴しました。

お手伝い頂いた方、参加者の皆さん、本当にありがとうございました。

| 福祉コミュニティー | 09:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

2013.7.25 「小白浜地域 地域話し語りの日」

7月25日、老人福祉センター(甲子町大畑・滝の家)にて、釜石市社会福祉協議会 生活ご安心センター主催「小白浜地域 地域話し語りの日」を開催しました。

参加頂いた住民の方は、合計31名でした。

まず、午前中は、志村尚一さんによる「元気が出る講演」、漆原栄美子さん、小田代直子さんによる民謡、井上 成美由さんによる三味線演奏が披露されました。
DSCF5641.jpg
(会場は笑いと拍手に溢れ、とても和やかな雰囲気でした。)

DSCF56681.jpg
(出演者の皆さまと記念撮影を撮りました。)

その後、お昼時間は、当センター生活支援相談員が丹精込めて作った豚汁と稲荷をみんなでおしゃべりしながら食べました。
DSCF5500.jpg
(料理班、準備風景です。手慣れた手つきであっという間に40人分の豚汁ができました。)

DSCF5692.jpg
(いつもなかなかゆっくりお話しできないので、今日はじっくり皆さんとお話しできて嬉しかったです。)

午後は足もみ隊によるマッサージ、ふれあい教室によるスカットボールが行われました。
DSC09561.jpg
(皆さん、すごくリラックスされていました。)

DSC09559.jpg
(スカットボールは「入れ~!」という大声援が飛び交い、大盛り上がりでした。)
※ふれあい教室は、釜石市から当会が委託を受けている『閉じこもり等予防事業』の一環で、釜石市内の各集会所や公民館に職員が出向き、近隣の概ね65歳以上の健康な方に集まって頂き、お茶っこ飲みや歌、軽体操、ゲーム等で楽しんで頂いています。

その後、生活支援相談員オリジナル企画「スタコラ音頭」をみんなで踊りました。
DSCF2885.jpg
(皆さん既にご存じだったようで、いきなり本番でもとても上手でした。)

DSC09567.jpg
(最後はスタッフ全員でお見送りをしました。)

~参加者の声~
「ご支援ありがとうございます。これからも皆でアハハ、オホホと笑って過ごしていきたいと思います。」
「最高に楽しい1日でした。」
「とてもおもしろくて楽しかった。」
「最近は具合悪くなる時が多かったけど、今日は楽しいこといっぱいして調子いい。」など嬉しいご意見を沢山頂戴しました。


参加者の中には「地域話し語りの日」リピーターの方も多く、前回以上にとても盛り上がった1日でした。
参加者の皆さん、出演者の皆さん、協力者の皆さん、本当にお疲れ様でした。

| 福祉コミュニティー | 09:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

2013.7.13 「大只越町 地域話し語りの日」

7月13日、釜石市大只越町の大只越集会所にて「大只越町 地域話し語りの日」を開催しました。

当事業は、生活ご安心センターが様々な場所で生活を送らなければいけなくなった方々に、交流の場を提供することを目的として釜石市内各地区で実施しております。

250713 地域語り 大只越
実際に皆さんにお渡ししたチラシ

当日は、地域住民の方10名、東海市社会福祉協議会さま10名の参加がありました。

>> Read More

| 福祉コミュニティー | 13:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT |